カテゴリ:ローラと暮らして思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ひとつのことば

個人的に”躾(しつけ)”って言葉が
あまり好きじゃありません。
人間の子供に対してはもちろん
犬に対して使うにもちょっと考えてしまう。

崖の上から見下ろしているような
とてつもない上からの目線をずしんと感じてしまうわけです。

もちろん
人間と犬は対等じゃない。
だからと言って
人間が神で犬が奴隷ってわけでもない
と思う。

言葉には言霊が宿っているから
意図していなくても使いづつけていると
考え方や心の持ちようを変えてしまうんじゃないかな。。。
たとえば
あるときから≪先生≫と呼ばれるようになったヒトが
自分がとんでもなく偉いんだと思うようになり
ひとりの人間としての立場を忘れてしまう
なんてよくあること。

躾(しつけ)には
どんな言霊が宿っているかは知らないけれど
ワタシは
お勉強あるいはトレーニングっていう言い方をしたいと思う。

オットとワタシとローラの関係にはいろんな上下はあるけれど
どれも崖の上から見下ろすほどの上下じゃないから。。。。

たかが言葉されど言葉なのです。

0806201.jpg
我が家に来てくれてありがとう♪


*****お知らせ*****
ここのところかなり多忙なため
しばらく週3~4回の更新とさせていただきます。
ご了承くださいませ。

スポンサーサイト

10:31 | ローラと暮らして思うこと | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

吼えは続く・・ ワンワン♪

ローラは4月に2歳になります。
パピーの頃からいろんなやんちゃでいっぱい悩んできましたが
いちばん困ったのは
”吠え”
でした。

もともとダックスフントは吠えることを仕事にしてきた猟犬。
特にローラはDOGトレーナーさんから
「吠えて危険を知らせる役目をもって生まれた」
と言われたほどですから
その吠え方たるや尋常じゃありませんでした。

すれ違うワンちゃんたちはもちろん
人でも車でも宅配便のカートでも
なんでもかんでも吠える吠える。

ひところは
吠えるために歩いていたようなものですから
お散歩へ出かける前には、必ずほっぺたを何度かはたき
”吠えても気にしない”
と、気合&根性を入れてました。

基本的にローラは怖いから吠えています。
恐怖は慣れで克服できるので
いろんな経験をしてもらおうと
あえて雑踏に出かけたり
はしゃいで騒ぎまくる子供たちのそばで抱っこしたり
スケボー少年たちの近くを歩いたり。。。

もちろんローラは吠えまくります。
道行く人から迷惑そうにされたり
露骨に避けられたりしましたが
それでも恥をしのんで
いろんなチャレンジをしました。

その成果が出てきたのか最近では
ずいぶん落ち着いてきています。
もともと吠えないワンちゃんに比べたらきっと吠える方なのでしょうが
オットとワタシにしてみれば
よくぞここまで!!!
とホント感慨深いです。

ワンちゃんの吠えは良くも悪くも飼い主次第。
今のローラに安心しきってしまうことなく
これからもいろんな経験をしてもらおうと思っています。

hoe1.jpg
「パパとママもがんばったの♥」



*****お知らせ*****
来週の更新は15日(火)からです。


10:22 | ローラと暮らして思うこと | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ローラがいるから

オット(ローラぱぱ)は年中出張していて
今もほとんど週1で東京⇔大阪を往復中です。
出張が最高潮だったある年には
ひと月のうち家にいるのは1週間だけ!
ほとんど一人暮らしだったときもあったほどなんですヨ。

亭主元気で留守がいいとよく言われますが
ひとりぼっちが続くとなんだかさびしくなってきます。
家族で賑わう日曜日の夕方のスーパーなんて
「ワタシはひとりなのネ」としみじみ思ってしまうので
絶対立ち寄りたくないNo1.スポットでした。

でも、いつ頃からでしょうか。
ひとりでいる寂しさをすっかり忘れてしまっています。
あるとき
"たぶん、ローラがいるからなんだなぁ"
と、ふっと気づきました。

もちろん、オットがいない日は
お散歩や食事やその他モロモロを
全部ひとりでやらなきゃいけません。
それはそれでケッコウ大変です。
でも、その大変さが逆に充実感になって
ひとりでいることのマイナス面を帳消しにしてくれるようです。

ワンちゃんの癒し効果って、ワタシはあんまり信じてませんが
一緒に暮らす時間が長くなればなるほど
ローラの存在感が増しているのは確かなようです。

ま、なにはともあれ
今後ともよろしく♥
irukara1.jpg
「こちらこそ」


10:11 | ローラと暮らして思うこと | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

決まっていたこと

たぶんワタシ達がローラといっしょに暮らす日々は、
ずっとずっと前から決まっていたことなんじゃないかと思う。

ローラはワタシ達と出会うために生まれ、
めぐり合うその日をあの場所で待っていた。

一番目立つようにやんちゃばかりしていたのは、
きっと自分に気づいて欲しいというローラのまっすぐなメッセージ。

オットとワタシがそれを受け取った瞬間、ローラとの暮らしがはじまった。

なぜワタシ達のところへやってきたのかはわからない。
あまりのやんちゃに手こずることもたくさんある。

だけど
その存在が暮らしのそこかしこをにぎやかにあたたかに
彩っているのは確かなようだ。

心からありがとう。



写真は今日のローラ。
10-22-001.jpg
おばあちゃんになってもやんちゃでいてほしいけど、ときどきは怒らせてもらうね。


10:13 | ローラと暮らして思うこと | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

笑顔が溢れる

ローラとお散歩していると、笑顔にめぐり合うことが多い。

ちょっと強面のおじさまだって、ローラがチョコチョコ歩く姿を見つけると
まるで魔法がとけたようにニコニコしはじめる。

難しい顔で歩いていたスーツ姿のビジネスマンも、ローラが横断歩道を
すっ飛びながら走り始めると、笑顔がこぼれる。

そういえば、ワタシもひとりで街を歩いているときワンちゃんを見つけると
思わず笑顔になっている。

ワンちゃんのお散歩は、犬嫌いの人にとっては少し困ったものかもしれない。
けれど、すれ違う誰かの笑顔をいくつか引き出しているのは確かなようだ。

お散歩は、オットとワタシとローラが楽しくて、
すれ違う誰かの心をふっとあたためることもできる。

それは、なんだかちょっといいことなんじゃないかって
ふっと思った休日でした。


写真は昨日のローラ。
10-16-001.jpg
オットのおすわりコマンドをよく聞いています。


10-16-002.jpg
大好きなおもちゃを前にちょっと情けない表情のまって!


12:00 | ローラと暮らして思うこと | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。