2006年 09月
--日(--)
30日(土)
29日(金)
27日(水)
26日(火)
24日(日)
23日(土)
22日(金)
21日(木)
20日(水)
19日(火)
17日(日)
16日(土)
14日(木)
13日(水)
12日(火)
11日(月)
09日(土)
08日(金)
07日(木)
06日(水)
05日(火)
04日(月)
03日(日)
01日(金)
08 | 2006/09 | 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ローラと乗りたい

現在、使用中の自転車は折りたたみ式で、購入してかれこれ8年になる。
最近、ローラを自転車に乗せてのお出かけが増えてきたのを機に
買い替えるのもいいなと思っている。


netで探すと、ワンちゃんと乗りやすいタイプの自転車がいくつかあって
買い替え熱が盛上がり中。


希望は、ローラを安定したカタチで乗せられ、背があまり高くないワタシがラクに乗れて
変速がついていること。そして、お買い物にも利用できるフレキシブルタイプ。


注文が多いと当然、それなりにします。
なので、ちょっと検討中だったのですが、今日、欲しい自転車に乗っている方を見かけて、
やっぱりいい!とかなり前向き、イヤ前のめりになっているところです(^^;)。


09-30-001.jpg
候補No1の自転車:丸石サイクル、ふらっか~ずペット
詳しくはこちら


近くの自転車屋さんで見つからない場合はこちら

スポンサーサイト

09:55 | ワンコモノ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

旅行日記2

ワタシ達が泊まったお宿は ハナ&キッス。
神戸淡路鳴門自動車道淡路ICから10分ほどのところにある。


ペット宿グランプリで準々グランプリも受賞しているとのことで、
オットもワタシもかなりの期待。


ローラを連れての旅行なので、ワンちゃんサービスが充実しているほうがいいと
ネットでいろいろ検索し、ここに決めた理由のひとつが充実したドッグランだった。


アジリティグッズが置かれた500坪のドッグランと
部屋の専用ウッドデッキから出られる150坪ドッグランが2つ。
ここなら他にワンちゃんがいても、ローラが思い切り走れそうだ。


また、今回は利用しなかったが、4×10mのワンちゃん専用のプールも完備。
お部屋だけでなく、リードをつなげば館内はもちろん食堂もワンちゃんOK。


他のお宿を知らないのでここのワンちゃんサービスの充実度は不明だが、
ビギナーのワタシ達には十分すぎるほどに思えた。


平日ではあったが、泊まり客はワタシ達を含めて6家族。
ワンちゃんは9匹いた。
(コーギー2匹、トイプードル2匹、マルチーズ1匹、柴犬3匹、ダックス1匹)
月齢5ヶ月のローラはいちばん年下。
7ヶ月のコーギー君に気に入られ、到着直後から
何度もおっかけまわされていたが、なぜだか楽しそう。
そして、ノーリードはやはり快適なのか、2つのドッグランで縦横無尽に駆け回り続ける。
その速いこと速いこと。
ダックスってミニチュアでもやはり猟犬!本当にすばしっこい!とちょっと感動。。
ローラのルーツを感じた旅でもあった。


ちなみにここのお宿では、ドッグラン内はワンちゃんのオシッコ禁止。
もしもの場合は、ジョーロ(あちこちにおかれている)の水ジャっとかけることになっている。


仕切りがちゃっきりしている女将さんの気風そのままのお宿であった。



09-29-001.jpg
150坪のドッグランでノーリードのローラ


09-29-002.jpg
とにかく何でも走る走る

09-29-003.jpg
500坪はやっぱり広い


12:10 | ちょこっと遠出 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

旅行日記1

ローラを連れて、初めての旅行。
レンタカーを借りてドライブしながら淡路島へと向かった。


ローラはいつものクレート(ハウス)に入れて後部座席に陣取らせる。
車に乗ったことがないので酔うのではないかと心配したが、
クレートを布で覆っていたせいか、すぐに慣れたようだった。


一度だけPAで休憩。チョコチョコ歩きながら、ここでも元気に吠える。
健康のバロメーターと苦笑いしながら、あきらめモードのオットとワタシ。
立ち去るが勝ちとばかりに、一気に車を走らせ淡路島へと渡った。


以前は淡路島に渡るときには明石からの連絡船に乗って旅気分を満喫できたが、
今は、明石海峡大橋を渡るだけなのであっという間。便利で早いのはいいけれど、
ちょっと拍子抜けした感じがしないでもない。。。


島に渡って、花博の会場であった国営明石海峡公園へ向かう。
場所は、日韓ワールドカップの時にはイングランドチームの宿泊場所となった
ウエスティンホテル淡路のすぐそば。
ここは、ローラもリードを引けばいっしょに遊べるのでありがたい。
(一部、ペット不可の場所もあります)
夏休みも終わった平日とあって、ほとんど人がいなくて貸切?状態。
しかも思っていたよりもすごく広い。とても歩いて回れそうな感じではなかった。


園内には池があり、白鳥の足漕ぎボートが浮かんでいる。
ダメもとで係員の方に聞いてみると「ペットと一緒に乗れますよ」とのこと。
二度とローラとは乗れないかも?と思い、一緒に乗ってみることに。
オットもワタシもいい歳してなんですが、かなり楽しんでしまいました。


つづく



09-27-001.jpg
公園でお得意のにおい嗅ぎに勤しむローラ


09-27-002.jpg
園内の風景

09-27-003.jpg
白鳥の足漕ぎボートに乗って船長?っぽく前方を確認するローラ


10:09 | ちょこっと遠出 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

旅行に出かけました!

今週はオットの遅い夏休み。
ローラを連れて淡路島のドッグ・ラン付ペンションに1泊旅行をしてきました。



オットもワタシもローラもかなり疲れたけれど、楽しい時間を過ごすことができました。


詳しくはまた明日。。。


 
09-26-001.jpg
ドッグ・ランで日ごろのうっぷんを晴らしたり


09-26-002.jpg
同じお宿に泊まっていたコーギー君と遊んだり


09-26-003.jpg
アジリティにもちょっとだけ挑戦しました。


16:54 | ちょこっと遠出 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

カフェデビュー

まだまだ吠えるローラなので、こわごわでしたがカフェに連れていってみた。


ドッグカフェも魅力的なのだが、
もしもうるさく吠えたらということを考慮して、
飲み物を持って立ち去れるスタバのテラス席をチョイス。


道行く人に次から次へと吠えつくのではとドキドキだったが、いい意味で期待を裏切ってくれた。
パパのヒザの上ですっかりくつろぎモード。
まわりにすっかり溶け込んで、近くの席の方はローラがいることにも気づかないくらい。


途中、お仕事に忙しい走る宅配マン2名に「ワン!」
ワクチンを済ませたばかりであろうミニミニのマルチーズに「ワワワワン!」
と吠えましたが、近くに座っていた方々が顔をしかめるほどでもなく、
オットとワタシもゆったりとした珈琲ブレイクをとることができました。


これからもお散歩以外にもローラを連れて出て、
いろいろな経験をさせてあげたいなぁ、と思う秋の午後でした。


 09-24-001.jpg

09-24-002.jpg
パパのひざのうえですっかりくつろぎモードのローラ。余裕のカフェデビュー?!


20:30 | Day and Day | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

辛抱強く、気長に

「めっちゃ、ビビリやなぁ」先週行った獣医さんが発した診察室での第一声。
ビビリって関西弁かもしれないので、
(関西生まれのワタシが)単純に解説すると臆病あるいは怖がり。


ローラはもっともっと小さい頃はそんなに臆病ではなかった。
動物病院の診察台の上でオスワリ&フセをして獣医さんを驚かせたこともある。
道行く人を興味深く眺めはしても吠えることはなかった。
でも、日々を重ね成長しさまざまな経験をするうちに『恐れ』という感情を知ったようだ。


今、ローラが怖いのは見知らぬワンちゃん、走る人、やんちゃな子どもたち。。。


人間なら
リードを引かれたワンちゃんがローラに噛み付くわけはない。
走っている人は運動しているか、
何か急ぎの用事があるだけでローラに襲い掛かるわけでじゃない。
子どもたちはワイワイと遊んでいるだけで、ローラに飛び掛ってはこない。
と理解できるけれど、ローラにとってはかなりの脅威らしい。


ローラは大胆な一面を持っているが、何かに慣れる、ということにはちょっと時間がかかる。


そのちょっとに辛抱強く付き合えるのは他のだれでもないオットとワタシだけ。
ちょっと気長に。。。ローラとの日々を楽しむ秘訣かもしれない。



09-23-001.jpg
ジャックラッセルテリアに恐々と挨拶するローラ。


09-23-002.jpg
パパのヒザに守られながら近づくダックスにビビるローラ


15:32 | Day and Day | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

フードのその後

お腹が空いてきたのか、あるいは湯通しフードのことを忘れたのか
少しづつ食欲が戻ってきました。


今回の【フード食べない】は、振り返ってみるといろいろな条件が重なって
起こってしまったコトではないか、と気づいた。


素人考えなので確かではないが、


例えば
歯の抜け変わる時期と重なっていた→カリカリが噛みにくい
月齢的にフードの必要量が変化している→今までホド必要ない


また、今まで知らなかったことなのだが
(まったく間抜けなオーナーで自分でもいやになるぐらい)、
ローラが通っているしつけ教室では、より効率的なトレーニングをするため、
持参しているサ○エンスダ○エットを食べなければ、すぐに別のフードを与えていたらしい。


食が進まない時期に今までと違うフードを与えたら
「食べきなゃおいしいフードがやってくるんだ」と認識し
ずっと食べてきたフードに興味がなくなることをドッグトレーナーは知らなかったのか??
新しいニオイで誘って、興味という食欲を沸かせてまでしつけはしなければならないのか??
フードを食べなくなるリスクを背負ってまで
オーナーはしつけをしてもらわねばならないのか??


おりこうなワンちゃんに成長して欲しいのはやまやまだが、
"しつけ優先"の考え方を知らなかったが故に、
ローラに大きな荷物を背負わせてしまったように思えてならない。


今回の【フード食べない】で感じた大きな疑問であった。



09-22-001.jpg
写真は、モノを思う風情のローラ。
今、ローラはどう思っているのか。。。胸のうちを聞いてみたいワタシです。


16:12 | Day and Day | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

遊ぶもの

ローラと一緒に遊ぶときにはおもちゃを使う。
ポンと投げたり、ひっぱりっこしたり。。。
オットもワタシも遊んでいるとついつい本気になってきて、
ちょっとイヌっぽく四つんばいになっていたりする。


楽しく遊んでいてもすぐに飽きてきて、スリッパをカジリはじめたりするので
一緒に遊ぶ時間は10分ぐらいが限界か?!と思っていたのだけれど
ふと気づくと2~30分ぐらい経っていたりする。


何もかも忘れて遊んでいる証拠。
案外、ローラに遊んでもらっているのではないかと気づいたりする。


人間もワンちゃんも楽しいなんて素敵だな~と思う瞬間。
ローラもニコニコ笑ってました。


 


09-21-001.jpg
写真は一緒に遊ぶおもちゃ。
ストライプは押すとキュキュッと音が鳴ります。
ロープはひっぱりっこにぴったり。
ローラはストライプが好きで好きでたまらないらしいです。


15:21 | ワンコモノ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ローラの社会化2 生活音だってへっちゃら?

ローラはいろいろな音に敏感。
たとえば救急車のサイレン、水が流れる音、掃除機の吸引音、玄関のチャイム。。。
あまり吠えついたりはしないのだが、
気になる音が聞こえるとビクッとして必ず音の方向をチェックする。


単なる怖がりと片付けてしまってもいいのだが、嫌なものがいっぱいの生活ではローラもツライ。
そして、いろいろな音に反応してその都度バウワウでは、飼い主もちょと困る。


そこで「イヌが聴くだけで克服できる生活音トレーニング」なるCDを利用することにした。


アウトドア編とインドア編があり、文字通り家の外と内の音が収録されている。


たとえば
アウトドア編には、電車の車内放送、イヌの鳴き声、花火の音etc
インドア編には、ペットボトルをつぶす音、ドアチャイム、赤ちゃんの泣き声etc


確かにこの音には慣れておいて欲しいと思うものが揃っている。


我が家はローラと遊ぶときや、ひとりで遊んでいるときにこのCDを利用しているが、
飼い主的にはかなりラクチンなトレーニングゆえ効果のほどは今のところ不明。


ただ、ローラが通っているしつけ教室で、お昼寝時間に同じような音を流しており、
何かしらの効果は期待できそうである。


09-20-001.jpg
生活音が録音されたCD【WAN モア・レッスン】
青い帯がインドア編で黄色の帯がアウトドア編です。


16:15 | ローラのお勉強 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

フードにそっぽ

我が家にやってきた当初から食欲旺盛で、毎日ドライフードをモリモリ食べていたローラ。


そんなローラが最近ドライフードをあまり食べなくなっていたのだが
ついに今日、まったく口もつけなくなってしまった。


我が家は食事の際のフードを軽く湯通し、トレーニングのごほうびはカリカリで、
という2タイプの与え方をしていた。
今回の【フード食べない】はこの与え方に問題があったのでは?と考えている。


ドライフードを軽くでも湯通しすると、フードから食欲をそそるニオイが立ち上がり
カリカリとは別物になってしまう。
食べ物の美味しさを味ではなくニオイで判断すると言われているワンちゃんたちにとって
よいニオイがするフード=よりおいしいフードだと言えそうだ。


ワタシは、これをうっかり見逃してしまった。


ローラは湯通ししたもの=おいしい、カリカリ=おいしくないと学習してしまい、
おいしい方を出せと要求しているのだろう。


しかし、ここでフードを変えたり湯通しを続けたりしたら(獣医さんの言うとおり)
食べなければよりおいしいものが出てくるとさらに学習し、
気に入らなければ食べない、が永遠と繰り返されることになるだろう。


というわけで、今後は一切カリカリのドライフード以外は与えないことにした。


カリカリしか出てこなければ、いずれお腹が減って食べることはわかっているので、
かわいそうだが、カリカリフード根競べを始めることにした。


とは言え、
今回の【フードを食べない】は、月齢5ヶ月を過ぎても
好きだからとフードを湯通しし続けたワタシが悪い。
ローラはカリカリも大好きだったのだから、早めに湯通しをやめるべきだったのだ。


どんなことにせよ、
ワンちゃんを必要以上に甘やかすとその付けは自分に回ってくることになるようだ。



09-19-001.jpg
ドライフードにそっぽを向くローラ。まったく興味がないようです。ふぅ(--;;)


16:15 | Day and Day | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

台風が来る前に

朝から雨だと思っていたのですが、真夏のように晴れ上がった今日の朝。
今のうちにと、ローラを連れてお気に入りの公園でお散歩してきた。

同じように考えたオーナーさんが多かったのか、
お散歩中のワンちゃんたちがひっきりなしに通りかかる。。。

オットもワタシもローラも台風が来ることなどすっかり忘れて、
休日ののんびんりした時間を満喫。

いつもは、帰り支度をするとささっとバッグに入るローラが
今日はなかなかバッグに入ってくれず。
よほど楽しかったらしく、帰るのがイヤだったみたい。

ご満足いただけて、ローラちゃんのパパとママも大変満足です。

09-17-001.jpg
木漏れ日の中を歩くオットとローラ


09-17-002.jpg
公園を楽しそうに眺めるローラ。抱っこしているのはワタシ


15:32 | Day and Day | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

動物病院

「この辺りではいちばん評判のいい獣医さんですよ」との情報をききつけ
噂の動物病院へフィラリアのお薬をもらいに行ってきた。

これまでローラは東京、大阪で3人の獣医さんに診ていただいている。
どの方も親切で熱心な先生だったのだが、今日の獣医さんはピカイチ!!!
あたたかいお人柄が、笑顔と話し振りからビビッと伝わってくる感じ。
どんな疑問も遠慮なくぶつけることができる懐の深さがあって、いろいろと聞いてしまった。

最近ローラはお湯で少しふやかしたフードはパクパク食べるのだが
ドライのままではイヤがって吐き出すこともある。
歯のはえかわり時期なので噛み難いのかなと思って、
今より小粒で食べやすいものに変えた方がいいのか迷っていた。

獣医さんによると
「ワンちゃんも同じフードだと飽きてくるんですよ。
でも、ここで変えると『食べなければもっとおいしいものが出てくる』と学習してしまいます。
ワンちゃんは胃の消化力が人間よりずっと強いので飲み込んでも大丈夫なぐらい。
食べなきゃ、食器さげればいいんです。わがまま聞いちゃいけません」

「耳掃除も『きゃんきゃん』言って嫌がりますが、遠慮してたらいつまででもわめきます。
すぐに慣れますからあまり遠慮しなくていいですよ」

と、かなり豪快なアンサーだった。

ローラとの付き合いはかなりアバウトでも大丈夫!?
でも、一応、ローラママと呼ばれる身の上のため、心配するんですよ。。。(^^;


09-16-001.jpg
写真は(タイトルとはまったく関係ないです)午前中のお散歩時に妙に神妙なローラ。
獣医さんへ行く決意が現れている??


09:20 | Day and Day | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ローラの社会化1 ワンちゃんは怖くない

ワタシ達とローラが住んでいる場所は大阪のとある場所。
ここに引っ越して驚いたのは、とにかくワンちゃんがいっぱいということだった。

ダックスはもちろん、ヨークシャー、チワワ、マルチーズ、ビーグル、
ラブラドール&ゴールデンレトリバー、コーギー、
パピヨン、柴犬、トイプードル、イタリアングレーハウンドなど
ありとあらゆるワンちゃん達が辺りを闊歩している。

生後6~7週間で親きょうだいと別れ、オットとワタシのもとにやってきたローラは、
犬社会でのマナーを知らぬまま育っている。
お散歩に出かければ次から次へとワンちゃんに出会う、という現在の環境は
フレンドリーローラに成長してもらうためには最適ではないだろうか。。。

仔犬はちいさいうちにたくさんのワンちゃんたちと触れ合うことで
他者と友好的な関係を築くための基礎ができる。
他のワンちゃんと挨拶したり、ころがり回って遊んだりすることで、
犬社会での付き合い方を自然に学びとるらしいのだ。

特に我が家は今後も必ず転勤があり、犬?見知りローラではちょっと困りもの。
"見知らぬワンちゃんが怖くて激しく吠え付く"
という状態では、初めての土地でお散歩には連れ出せない。

見知らぬワンちゃんとの出会いを前向きに受け止める強い心。

今、オットとワタシがローラにしてあげられるのはその心を育てることなのではないかと思い、
散歩に精を出しているのである。


09-14-001.jpg
出会ったワンちゃんと挨拶しようか迷うローラ。
この後、行きつ戻りつなんとかご挨拶成功。


14:37 | ローラのお勉強 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

退屈

今日はあいにくの雨。大好きなお散歩に行けなくてローラは退屈そうだ。

ハウスに入ってウトウトしているようでも、
ワタシがケージの置いてある部屋へ入るとトコトコ出てくる。
もしかしたらお散歩?と思って期待して出てきているのだろうか。。。
でも、いつものように「お散歩、お散歩」とは要求しない。
今日のローラはなかなかおりこう。

「イイコだね」とローラの背中をなでながら
糸が切れた風船みたいにぽわ~んと雨の朝を過ごしてしまったワタシ。


お散歩に行けなくて退屈しているのはローラだけではないようだ。


夜遅くには雨も上がるらしい。明日はお散歩行けるといいね!


ハウスから様子を伺うローラ
09-13-001.jpg

お散歩行きたいとウルウルと訴えている?目ヤニがご愛嬌。
09-13-002.jpg

11:19 | Day and Day | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジャンプ!!

どこで覚えてきたのだろうか?ローラは最近ジャンプに夢中。


たとえば、
リードを見せると「お散歩だ!!!!!」とばかりに
自慢の脚力を生かしケージの柵から頭が飛び出すほどバンバン飛ぶ。
オットとワタシがどこかへ出かける気配を察すると、
「自分も連れて行け」とばかりに吠えながら激しく要求ジャンプ。


ジャンプをしているときに褒めたこともないし、要求に応えた覚えもないのだが、
なぜかお気に入りらしく楽しそう?に飛んでいる。
人間の言葉を話せないローラなりの表現方法なのだろうが、
やりすぎるとヒザを痛めるらしい。


とりあえず、
ジャンプを見たら無視。次に「ダウン!」で制止をしているが、
気持ちを落ち着けておすわりに戻るまでには時間がかかる。
ローラはダックスの中でもかなりの興奮体質らしい。。。


すぐにやめさせることは難しいが、とりあえず
無視と「ダウン!」でジャンプの回数を少しでも減らすことが目標。


ローラが我が家へやってきて、忍耐を鍛えられている気がするオットとワタシである。


09-12-001.jpg
ジャンプ体制に入ったローラ


09-12-002.jpg
ジャンプを制されてよじ登りに切り替えたローラ


15:02 | Day and Day | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マナーポーチ

我が家のローラは、散歩中のオシッコは我慢できてもウ○チは我慢できないらしい。
お散歩中に突如止まって、ちょっと情けない表情でラクダポーズになるとウ○チの合図である。
このときばかりは何があっても問答無用。
「ローラ、待って!」も絶対聞いてくれないのだ。


ウ○チが終わると、妙にすっきりすました顔で動き出すローラとは対照的にこっちは慌しくなる。
なにせすばやく処理をしなければならいのだから。
道のど真ん中、車がすぐ傍にきていても片付けだけはやらねばならぬ!
しかもチョロチョロ動くローラからも目が離せない。。
眉間にシワがよる大?作業なのである。
(横断歩道を横断中にというパターンは未経験だが、これだけはないことを祈るばかりである。)


さて、タイトルのマナーポーチである。
お散歩を始めた頃、ウ○チ処理にはロールペーパーとビニール袋を使っていたのだが、
思いのほかニオイがもれてきて気になっていた。
雑誌(いぬのきもち)の付録でもらったマナーポーチを試してみると、あら不思議。
ほとんど臭わない。。。これは便利だとたちまちお散歩の必需品となったのである。


ただ、一度ウ○チを入れると袋の内側にかなりキツイニオイがつく。
裏返して干すと消えるのだが、
干したまま忘れてお散歩に出てしまったことが何度かあり、
1つ買い足し交換で使うことにした。
買い足したポーチは付録よりさらにニオイをシャットアウトしてくれ、かなり気に入っている。


09-11-001.jpg
左側が買い足したポーチ。開口部はヒモでぎゅーっと絞って閉じます。
右側は付録のポーチ。開口部はチャック式になっています。
どこにでもひっかけられるマジックテープがついています。


ローラママはこちらでGETしました。


14:13 | ワンコモノ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ありがとう。

昨日、めでたく月齢5ヶ月へ突入したローラ。
仔犬から少しづつ成犬の姿へ移行中といったところであろうか…。


お散歩に行くと、やっとワクチンを済ませたばかりというちっちゃいワンちゃん達に出会う。
その姿を眺めていると、もうローラは赤ちゃんというわけではないのだな~とわかる。
嬉しいような寂しいような。。フクザツな親心?である。


5ヶ月といえば、そろそろ乳歯が抜け変わる時期。
ローラも歯が痒くてしかたないのか、口元をかきながら転げまわっていたり、
チュートーイを噛みまくっている。
甘噛みが激しかった頃からときどき使っていたデンタルスティックが
最近の噛みまくりで激しく傷んしまったぐらいだ。


どこかがボロっと欠けて欠片をを飲み込んだりしたら、
獣医さんのところに駆け込むことになりそうなのでお役御免とすることにした。


長い間ごくろうさまでした。ローラの遊び相手をしてくれてありがとう。。。


09-09-001.jpg
ローラ愛用のデンタルスティック。このままいくと噛み砕かれそうです。


14:32 | Day and Day | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

スメルキラー

現在、我が家はペット可の賃貸住宅に住んでいる。
堂々とローラと住めるのはありがたいが、やはりそれなりに気を使うところも多い。

掃除や換気をまめにして、部屋を清潔に保つ努力は欠かせない。
なかでもニオイ対策にはかなり気を配っている。

エアコンをつけて部屋を閉めきるときは、空気清浄機(ペット用ではないタイプ)を2台まわす。
それでもオシッコやウンチをした後は、
部屋に独特のにおいが残ってしまうのが悩みのタネだった。

ワタシはニオイをニオイで隠すというのはあまり好きではない。
あくまでも消臭したい。そんな望みをかなえてくれたのがスメルキラーだった。

ステンレス製の丸い石みたいのものを水に浸けておくだけ。
あまりにもシンプルすぎて本当に大丈夫?と思うのだが、
その効果はオットの靴用で実証済み。

「靴の中にスメルキラーを貼ったら、あのニオイがまったくしなくなった!!」

自らのニオイではありながら相当苦しめられていたオットが言うのだから、
間違いないと確信しております。

60㎡用2個のお得セットを買い求め、愛用中。
家は1個でも十分な広さではありますが、念には念を入れて2個とも使ってます。


09-08-001.jpg
愛用中のスメルキラー。白と黄色のお皿もついてました。


14:58 | ワンコモノ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お散歩3

09-07-001.jpg

月齢5ヶ月を迎えるローラだが、今も屋外に出た途端アドレナリンが急上昇。
お散歩の第1歩の前に、まずひと吠え!というのが恒例である。


そんなローラにとって
「お散歩レッスンは、散歩に出かけた最初の10分くらいに行ってください」という
ドッグトレーナーさんのリクエストはかなり酷なものであった。


吠える、ニオイを嗅ぎまくる、グイグイ引っ張るに終始しているのだから
レッスンも何もあったものではない。
ある程度好きにさせ、少し落ち着いてからレッスンというのも試みたが、やはりうまくいかない。


と言うのも、ローラはお散歩中に限ってはなぜかフードに興味を示さなかったのだ。
ワンちゃんが大好きな砂肝ジャーキーもイヤといって口もつけない。
とにかく歩きたい!前へ進みたい!らしいのだ。


そこでオットとワタシは相談しながら、お散歩レッスンをローラ用にアレンジした。
ご褒美は【歩く&前へ進んでよい】【ニオイ嗅ぎをしてもいい】
そして、1歩進んで「ローラ」アイコンタクトでフードをいう流れを簡略化した。


とにかくグイグイきたら止まる。
アイコンタクトして前進の許可を求めてきたら「そうイイコ」で歩き始める。
これを歩数に関係なく、お散歩のなかで頻繁に繰り返すことにしたのだ。


もちろん、頑固なローラはなかなか許可など求めてこない。
しかし、ワタシ達も絶対に前へは進まない。
根競べである。
当初は、シブシブかつ嫌々アイコンタクトするローラではあったが、
少しづつ少しづつグイグイの回数は減っていき、リードが緩む時間が増えていった。


お散歩レッスンから約1ヶ月。
ローラのグイグイは相変わらず続いている。興奮中はまだまだ吠える。
けれど、グイグイの力は以前に比べてずっと弱まったし、吠える回数も減った。


そして何より歩きながら頻繁にリードを引く人を見上げ、
自らアイコンタクトしてくるようになったのだ。
ちっちゃいローラがスタスタ歩きながら、こっちを見上げる仕草はなんとも言えず可愛い。
ローラと出会えて本当によかったと思える瞬間でもある。


まだまだ完璧とはいかないが、ワタシ達とローラのお散歩道は進化中なのである。


09:10 | ローラのお勉強 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お散歩2

1歩進む「ローラ」と呼びかける。アイコンタクトできたら「そう、イイコ」でごほうびフード。
2歩進む「ローラ」と呼びかける。アイコンタクトできたら「そう、イイコ」でごほうびフード。
これを3歩、4歩、5歩と続けていく。

オットとワタシが受けたお散歩レッスンの内容である。

単純かつ簡単そうに見えるが、プロのドッグトレーナーさんでもちょっと手を焼く歩き方らしい。
レッスン中、ワタシ達も忍耐強くチャレンジしてみたが、
ほとんどうまくいかず1歩進むのもなかなかという状態だった。

うまくいかない原因のひとつが、屋外で行わなければならないこと。
屋外はローラの集中力を欠いてしまう要素が多すぎるのだ。
道を歩く人、走り去る車、通りすぎていく自転車などなどありとあらゆるものが
ローラの五感を刺激して、指示から気持ちが逸れてしまう。
そんななかで、ローラの前へ進みたいという気持ちをコントロールしなければならいのだ。
自分の気持ちを抑えきれない月齢3~4ヵ月パピーには、かなり高度な訓練と言えた。

このトレーニングの最終目的は、
ローラが常にリードを引く人とアイコンタクトをとりながら散歩できるようになること。
一緒に歩く人からの指示がいつ出されようともそれに応えられることを目指しているのだ。
たとえば、信号が赤に変わりそうなときに「まって!」の指示を出せばスッと待ってくれるなら
ローラの安全という面でもとても役に立つ。

ぜひともマスターしたい!!

が、レッスン中ことごとく言う事を聞いてくれなかったローラ。
「素人のワタシ達に本当にそんなことできるのか?」
疑心暗鬼なオットとワタシであったが、日々この練習を続けることにした。

09-06-001.jpg
お散歩中のローラとワタシ。
写真ではよくわかりませんが、ローラの耳はキュっと上がり気味。
我が家ではこれを天使の羽みたいだと言っております。>


18:24 | ローラのお勉強 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お散歩1

初めて犬を飼うワタシにとって、
散歩にも練習が必要だとを知ったときは半端じゃないくらい驚いた。
青天の霹靂とはこのことか…と思ったほどだ。
けれど、ローラと実際の散歩を始めると早々に白旗をあげてしまった。
困りごとが次から次へと噴出したのだ。


まず最初は歩かないことだった。


お散歩デビューとばかりに屋外に連れ出してみても、怖がって歩かない。
徒歩0分の公園まで行くのにも10分以上かかっていた。
ローラだけでなくオットもワタシもさほど歩いていないのにかなりのお疲れモード。
ただ、この問題はほどなく解決した。
毎日短時間でも連れ出していると、
だんだん慣れてきてちょっとづつ歩くようになってきたのだ。
ダックスらしいちょこちょこした歩きがなんとも言えず可愛いくて、
オットもワタシもプチお散歩が楽しくなってきた。


が、歩くのに慣れたら慣れたで次の困りごとが待ち受けていた。
それはグイグイ!!。
自分の行きたい方へ行こうとばかりにリードを力任せに引っ張りはじめたのだ。


ローラのちいさな体は意外なほど屈強で、こちらが小走りにならざるを得ないほど強引。
しかも、制止のつもりで歩くのを止めようものなら、
頑固なところは飼い主譲りだとばかりに対抗してさらにグイグイくる。
首が苦しくてむせ返ってもやめようとしない。
この状態では、引っ張り合い、もしくは意地の張り合いをするために散歩へ行くようなもの。
オットやワタシはもちろんローラだって楽しくないはずだ。


この時点でワタシは人間とワンちゃんがともに楽しく散歩するには、
ある程度の練習が必要だと実感せざるを得なかった。
ローラといっしょに楽しく歩ける。そんな散歩がしたい!!!との思いが募っていた。


そんな矢先、ローラが通うしつけ教室から「お散歩レッスンしませんか?」という提案を受けた。
渡りに船とばかりに、上手にお散歩するためのコツや練習方法を教えていただいたが、
これがどうして、なかなか難しいものだった。


一難去ってまた一難である。


09-05-001.jpg
写真は最近のお散歩風景。
リードを引いているのはローラちゃんのパパ。
でっかいパパと並ぶとローラの小ささが際立ちます。


16:27 | ローラのお勉強 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

水筒

ローラの散歩デビューは7月。暑い夏に突入後だった。
ワンちゃんは足裏にある肉球でしか汗を発散できないため、熱中症にもかかりやすい。
特にダックスフントは脚が短いため、
アスファルトからの熱の影響をもろに受けやすく注意が必要だった。
熱中症予防の第1歩はワンちゃんだって水分補給が第1歩。
散歩をはじめたばかりの頃にはペットボトルの水とボウルを持ち出してみたが、
結構な荷物になる。
やはり身軽でいたいといろいろ探してみると、ワンちゃんお出かけ用の水筒というのがあった。
(ローラと出会うまでペットグッズなど見たことがなかったので、
探すといろいろ便利なものが出てきて感心したり驚いたり。
かなり興味深い。。。)


水を入れるボトルと水飲みボウル?が一体型になっていて、とてもコンパクト。
ボトルを逆さにしてギュギュッと押すと水が少しづつ出てくる仕組みになっているので、
飲む分だけボウルに出すことができる。
このタイプは結構人気のようで、色違いをお持ちのオーナーさんをよく見かけます。


09-04-001.jpg

09-04-002.jpg

09-04-003.jpg

写真は上から①持ち運び状態②開いた状態③水を飲むときの状態となってます。
我が家ではお散歩途中のオシッコを処理にも使えるので、
お水は少し多い目に入れていきます。


15:39 | ワンコモノ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

公園

最近出かけるようになった公園はとても広くて、本当に気持ちがいい。
09-03-001.jpg

ここのところカラッとした天気が続いていて、
公園では自然と触れ合う心地よさを存分に味わうことができる。
09-03-003.jpg


ローラの散歩という名目で出かけるようになったのだけれど、
実はオットとワタシの方が楽しんでいるような気がしないでもない。
「今週もあの公園へ行こう!」と思うと休日の朝も寝坊していられない。

09-03-002.jpg

都会の便利さを享受すること。
オットとワタシはそれを日々の暮らしに求めてきたけれど、
ローラというちいさな生命に出会って、
生き物は自然のなかでこそおだやかな幸せを感じられるのだと改めて実感させられている。


10:23 | ローラと暮らして思うこと | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

おでかけかとりす

ローラとのお散歩必需品その1。
これを購入するまで、散歩のたびにオットもワタシもあらゆる虫に刺されまくった。

ローラの散歩を始めた当初は時間も短かったため、あまり必要性を感じなかった。
けれど、歩くのが大好きなローラとともにだんだん遠出をするようになり
より自然が多い公園へ出かけるようになると、あまりの虫の多さに耐えられなくなった。
都会の真ん中にある公園といえども虫は意外なほど多く、
家で指される蚊と違い強烈な威力がある。

何度か虫よけスプレーも試してみたが、あまり効果なし。
また、公園に集るドッグオーナーさんも
ほとんどの方が思い思いの蚊取りを持っているのを拝見し、
やはり「買おう!」ということになった。
なんだか玩具っぽいつくりで「ホントに効果あるのかな?」と疑ってみたりもしたのですが、
これを使うようになってから虫刺されゼロを更新中。
もう手放せません。


09-01-001.jpg
写真は夫婦して愛用中のおでかけかとりす。
電池式なので見た目の感じよりも重量感があります。
首から下げれれるヒモも付です。


14:55 | ワンコモノ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。